女性の育毛と抜け毛

厚生労働省が定めている薬用シャンプーの規定

薬用シャンプーって結局何なの!?

巷でよく見かける「薬用シャンプー」なんだか薬用というだけで身体に良さそうな成分が入っているんじゃないかと思ってしまいますよね。特に育毛したいと思っている人や、何か育毛に良いシャンプーはないかと思っている人にとっては思わず手にとってしまう商品ではないかと思います。
しかしこの「薬用シャンプー」って一体何なのでしょうか?
私たちがドラッグストアなどでよく見る薬用シャンプーというものは、医薬部外品のシャンプーです。医薬部外品というのは医薬品ほど効果はないけれど、市販のものよりは効果があると言われているもの。つまり市販品以上医薬品未満ぐらいの効果があるもののことです。これだけだと少し中途半端ですが、この医薬部外品として認められるためには、厚生労働省が認可している有効成分が配合されていなければなりません。しかもその成分は少しだけだったり、大量だったりしてもいけません。あくまでも規定値配合されている必要があります。さらに、当たり前ではありますが薬用シャンプーは「シャンプー」でなくてはなりません。つまり頭髪や頭皮を清浄にするために用いられなければならないのです。同じ成分が入っていてもシャンプーとして用いることのない商品であれば「薬用〜」と薬用をつけることはできますが、薬用シャンプーとは名乗れません。
従って、わかりやすく言ってしまえば「有効成分が規定量配合されていて、厚生労働省から承認を得られた、頭皮や頭髪を洗うためのもの」がいわゆる薬用シャンプーと言われているものとなります。

シャンプーにはどんな有効成分が入っているの?

シャンプーに含まれている有効成分は様々ですが、ある程度種類分けをすることができます。特に薬用シャンプーは育毛を心がけている人にとってとても重要視したい成分ばかり。フケを改善させる成分や、かゆみを抑える成分、そして薄毛の人ように、毛が細くなったり薄くなったりするのを抑える成分などがあります。薬用シャンプーを手にしたら、商品の中に含まれている成分をよく見てみましょう。
厚生労働省で定められている有効成分が、それぞれどのような効果をもたらすのか、どんな人に向いているのかを知っておくと、薬用シャンプーを買う際も役立ちます。
例えば「このシャンプーはミノキシジルが入っているから薄毛対策になりそうだな」「フケがひどいからミコナゾール硝酸塩が入ったシャンプーを買おうかな」といった風に、自分の症状に合わせて薬用シャンプーを変えるので便利ですよ。もちろん薬剤師さんに相談すれば、適切なシャンプーを教えてはくれますが、「薄毛だということや育毛していることが恥ずかしくてあまり聞けない」という人は最低限自分の症状に最適な成分やその成分が含まれている薬用シャンプーをチェックしておいたほうがいいですね。