医療レーザー脱毛ってどんな脱毛??

普通のレーザー脱毛なら聞いた事はあると思いますが、医療レーザー脱毛というのをご存知でしょうか? 頭に医療とついている事からも連想できると思いますが、通常の脱毛サロンなどの脱毛技師とちがい、医療レーザー脱毛は医師の施術による永久脱毛を受けられる施術になります。

 

医師の施術なので、一般的には皮膚科や美容外科などの医療機関で行われることがほとんどです。
通常の脱毛サロンでは様々な脱毛方法がありますが、医療レーザー脱毛は「Selective Photo ThermoLysis」という原理の医療用レーザーを使用し、そのレーザー光線を毛根にあて、毛根周辺の母細胞を破壊し脱毛する施術となっています。

 

医学的な定義では、最終照射後6ヶ月経過した段階で発毛がなければ永久脱毛したとされていますが医療用レーザー脱毛は100%とまではいかないようですが、それでも高い永久脱毛効果を得られるようです。

 

さらに、医療用レーザー脱毛機は毛根に直接影響を与える仕様で、周囲の皮膚への影響がありませんので、やけどや色素沈着の心配が少なく安心して利用できる脱毛方法となっています。

 

しかし、医療用機器と医師の施術、さらに脱毛は美容目的でもあるため、施術は治療行為とならず、自由診療となり治療費としては高くなってしまいます。

 

通常の脱毛サロンより効果も高く安心して利用できますが、費用だけは検討する必要がありますので、自分の予算と照らし合わせて利用を検討してください。