髪の正しい乾かし方で髪質はかわる?抜け毛も減る?

ドライヤーでしっかり乾かそう!自然乾燥の落とし穴

髪を洗ったら乾かす時はドライヤー、という人が一番多いと思いますが、中にはドライヤーの熱が髪を傷めてしまうから自然乾燥が一番という人もいます。
実は髪が濡れたまま放置するのは髪や頭皮にはあまりよくありません。水分が髪と髪の間や頭皮に残ったままだと雑菌が繁殖してしまいます。結果的に、フケやかゆみが増えたり臭いが気になることも。さらに、濡れたままの頭皮は温度が下がりますので血行も悪くなります。血行が悪くなれば髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなってしまうので髪が成長しないということに…。
さらに濡れている髪はキューティクルがはがれやすいので、そのまま寝れば寝返りを打つたびにキューティクルがはがれるのはもちろん、寝癖の原因にもなりますよ。髪の毛を洗ったら、放置せずにドライヤーですぐに乾かしましょう。正しい乾かし方をすればドライヤーは自然乾燥よりはるかに髪や頭皮に良いですよ。

乾かし方一つで髪は変わる!髪を扱いやすくする正しい乾かし方とは

髪にツヤがなかったり、くせ毛でうねる、根元はぺちゃんこなのに裾が広がって扱いづらい、など髪に関する悩みを抱えている人はたくさんいますよね。実は髪の毛の乾かし方を正しいものにするだけで、髪がキレイに、しかも扱いやすく変身します。
まずは髪の毛を乾かす前にきちんと水気を絞りましょう。乾かす前のタオルドライは重要!とわかっている人でも、タオルドライ前に髪の毛がびちょびちょの状態ではタオルドライやドライヤーを使って乾くまで時間がかかります。
タオルドライ時は指の腹で頭皮をマッサージするように水気を拭き取っていきます。決してタオルや髪の毛同士をこすったりしないように、タオルで挟んで水気を吸い取ることが大事です。髪の毛同士をゴシゴシ擦ると水気は取れますがキューティクルもはがしているので要注意です。十分にタオルドライをしたら、荒いコームで髪をとかします。髪のもつれを取り、絡まりをなくす程度にとかしたらトリートメントをつけるとドライヤーの熱からさらに髪を守ってくれるので安心です。
乾かす際は、根元をしっかりと乾かすことを意識しましょう。1点だけに風をあてるのではなく、風を散らしてあてるようにドライヤーを振るとダメージがありません。乾かしすぎないよう、全体の8〜9割が乾いたらそこで止めましょう。

ドライヤー1つで髪のボリューム調整もできる

ボリュームを出したい人は下を向いてドライヤーをあてたり、根元に毛を起こして乾かすとふっくらとボリュームが出ます。反対に広がりを抑えたいのなら髪の毛を下にひっぱるようにして根元を寝かして乾かすと落ち着きますよ。
根元から毛先に向かって乾かすことで逆立ったキューティクルも正常な向きに戻り、ツヤが出るだけでなく手触りも変わってくるはずです。