育毛剤は何故効果がでるのか?

知るだけで育毛効果も倍増!?育毛剤を使うとどうして髪が生えるのか

育毛剤の効果抜け毛や薄毛に悩んだら育毛剤、とはいえ育毛剤を使うとなぜ抜け毛を防止できたり髪の毛が生えてくるのでしょうか。育毛剤の成分が関係しているとはいえ、液体をひたすら頭にふりかけたりマッサージするだけで髪の毛が育つと考えると少し不思議な感覚になりますよね。髪の毛が成長するしくみ、つまりヘアサイクルを理解すると育毛剤がどのように働いて髪の毛が育つのかわかってくるようになります。
まず髪の毛は毛根にある毛母細胞に栄養が行き渡り、毛母細胞が分裂を繰り返すことによって成長し、伸びていきます。毛母細胞に栄養を行き渡らせるには充分な栄養と、血液が正常に流れることが大前提です。しかし毛根が皮脂や汚れで詰まってしまったり、ストレスやホルモンバランスの乱れにより血行が悪くなり、栄養が充分に行き届かない場合髪の毛が成長しにくくなってしまいます。そのため髪の毛が細くなって受け落ちたり、頭皮が炎症を起こしてしまうことも。そこで育毛剤の出番なのです。育毛剤には頭皮環境を整え、血行を促進して頭皮や毛根に栄養を与え、頭皮や毛穴の炎症も抑える働きがあります。髪の毛が生えやすい状態をサポートしてくれるのが育毛剤の役目なのです。

健康な髪の毛を育てる、育毛剤に含まれている成分

育毛のために最も重要なことは、血行を促進するということ。血の巡りが悪ければどれだけ栄養を摂取してもそれが髪の毛を作り出す毛母細胞に行き渡ることはほとんどなくなってしまいます。髪の毛や毛根の血管を広げて血行をよくすると栄養分も行き渡り、発毛が促されます。特にセンブリエキスやビタミンEなどが育毛剤に含まれている成分の中で、血行を促進する成分です。
続いて髪の毛に栄養を与える成分が育毛剤には含まれています。髪の毛が成長するためには栄養が必要です。血行が改善されても肝心の栄養がなければ意味がありません。育毛剤は体の内外から頭皮や毛根へ必要な栄養成分を与えることができるので、途中で成長を止めてしまった毛根にも効果的です。亜鉛やシスティン、メチオンなどが髪の毛を強化する栄養成分として育毛剤に含まれていることが多いです。
他にも育毛剤にはたくさんの成分が含まれています。頭皮や髪の毛を保湿し、余計なふけや毛穴の詰まりを予防する作用がある成分や、頭皮の炎症を改善し、修復する成分、毛根に詰まってしまっている余分な皮脂を取り除く成分など。また、ホルモンバランスの乱れに対応するため、男性ホルモンを抑制する働きのあるオウゴンエキスやノコギリヤシ、イソフラボンなどが含まれている育毛剤もあります。どれも髪の毛を育てるためには必要な成分です。髪の毛を育てるには食生活などを改善し、ストレスを受けにくい環境を作ることも大事ですが、育毛剤も併行して使うことで相乗効果が生まれます。