加齢とともに薄毛対策が必要になる理由

体が元気でも髪の毛は元気じゃない!?

薄毛対策が必要女性は30歳を過ぎるころから、スタイリングに時間がかかるようになったと感じる人が多いと聞きます。加齢にともなって髪の毛のハリやコシが失われているからというのが主な理由です。髪の毛にハリやコシがないだけならまだいいかもしれませんが、放置しておくと抜け毛に繋がってしまうことも。抜け毛同様髪の毛のハリやコシが低下してしまうことや、扱いにくい髪の毛になってしまうのは、加齢にともなう女性ホルモンの低下によることが多いのです。女性ホルモンが低下すると、髪の毛の成長が途中で止まってしまったり、髪の毛そのものの寿命が短くなります。そのため髪の毛が太くてしっかりしたものに成長する前に抜け落ちてしまうのです。さらに年をとれば新陳代謝も衰えてきますので、髪の毛が伸びるスピードも当然若い頃に比べたら遅くなります。髪の毛のハリやコシがなくなってきたと感じてしまうのは、髪の毛がきちんと成長できなくなってしまうからなのです。
そのため、特別抜け毛に悩まされているわけではなくても、加齢とともに育毛が必要になってきます。特に体力や代謝が衰えてくる30代以降、仕事や家事育児などでストレスにもさらされることが増えてきます。ストレスを受けることで自律神経も乱れ、ホルモンバランスがさらに乱れてしまうのです。自律神経の乱れは血行不良にもつながります。髪のハリを低下させる原因として、頭皮の血行不良があげられます。女性に多い貧血や冷え性などは、血液不足や血行不良が原因となっていますが、これらは抜け毛にも繋がっているのです。何歳になっても髪の毛に必要な栄養をきちんと届けられるよう、頭皮ケアやストレスケアも併行して、育毛をしていくのが望ましいでしょう。

放置は危険!髪の毛の元気がなくなってくるのは抜け毛や薄毛の前触れ

髪の毛のハリやコシがなくなってきたのを加齢のせいだけにするのは少し危険です。確かに加齢とともに髪の毛のハリやコシはなくなっていきます。だからといって放置してしまうと、抜け毛や薄毛で悩まされてしまう可能性もあります。
髪の毛にハリやコシがなくなってきたなと思ったらすぐに育毛剤を使うなどして育毛をしていけば、髪の毛のハリやコシが戻るのはもちろん、将来的に抜け毛が増えたり薄毛になるような心配もなくなってくるのです。ストレスや運動不足、最近ではかなり減ってはきましたがストレス発散目的などで喫煙をする女性もいると思います。しかし喫煙やストレス、運動不足は全身の血行を低下させてしまいます。血行が低下すれば頭皮への血行も当然悪くなるばかり。髪の毛を作っている毛母細胞に栄養が届けられなくなるので髪の毛のハリやコシはますますなくなっていく一方、放置していれば髪の毛が成長を止め、抜け落ちてしまうのです。そうならないためにも、髪の毛に元気がなくなってきたら早めのケアが必要です。