市販のシャンプーが頭皮に与える影響

基本的に洗浄力が強いので、必要以上に皮脂を洗い流してしまう危険性がある

市販シャンプー
市販のシャンプーは安価で手も届きやすく、香りもいろいろあって楽しめるので、手触りもそれほど悪くなるということがない限りは使い続けてしまいがちです。しかし市販のシャンプーは石油系の合成界面活性剤を使っていることが多く、この合成界面活性剤が髪と頭皮には刺激になり、毒性を持っていると言われています。
合成界面活性剤は泡立ちが良く洗浄性も強く安いのが特徴です。頭皮が強い人は良いかもしれませんが、敏感肌の人や肌が弱い人は肌が荒れてしまう人もいますし、必要以上に皮脂を取ってしまうので頭皮が乾燥してしまい、フケやかゆみに悩まされる人も多いのです。
また、特に石油系の合成界面活性剤の中には分子量が非常に小さいものもあり、頭皮からその毒性を吸収してしまう可能性も高いと言われています。そのため使い続けることで頭皮だけでなく健康被害にも影響が及ぶことも考えられるのです。現在は健康被害はもちろん危険を及ぼす成分に敏感になっている人も増えたこともあり、石油系の合成成分から植物系の合成成分に変わっている市販のシャンプーも多いのですが、知名度の高い市販のシャンプーでも石油系の合成成分を使用しているシャンプーもまだまだありますので注意しなければなりません。

シリコンがどんどん毛穴を詰まらせていく

洗浄力の強いシャンプーを使うと髪の毛がきしんでしまいます。必要以上に皮脂を取ってしまうので仕方がないことですが、それを補うようにシリコンを入れて手触りを少しでも良くしようとしているシャンプーは市販では多いです。
手触りを良くしようと頑張ってくれるのはありがたいのですが、シリコンは合成成分で頭皮に良いとは言い切れません。髪の毛のもつれや絡まりをなくして扱いやすくしてくれるのは確かに良いかもしれません。絡まりを解こうと無理に髪をとかしたりしてダメージを与えることがなくなるので、多少のシリコンは必要な時もあります。しかしこのシリコンは頭皮に付着するとなかなか落ちない性質を持っています。そのため頭皮や毛穴に付着してしまった際、すすぎが十分でない場合は特にシリコンが毛穴に詰まっていき、毛穴をふさいでしまうことも考えられます。
汚れはいつになっても落ちないままなので頭皮はベタつき、髪の毛も毎日洗っているのになんだか脂っぽいという状態に。
安価で購入しやすい、使い易い、という利点はあっても長期的に使うことを考えると市販のシャンプーはあまりおすすめできません。