シャンプーも洗浄 成分よりも保湿成分が重要なのか?

女性用のシャンプーは保湿成分が多いシャンプーが多い

男性用シャンプーと女性用シャンプーを比べると、男性用シャンプーは洗浄成分が強く、女性用シャンプーは保湿成分が多いことがわかります。これは男性の方が皮脂分泌が多い上に頭皮が強いからというのが大きな理由です。一方女性用のシャンプーには保湿成分が多く入っています。女性は男性よりも頭皮が弱く、皮脂を取るということよりは頭皮の環境を整えることを目的としたシャンプーが多いためです。
皮脂が多い男性は、皮脂がある分保湿が保たれやすいのですが、女性の場合はそもそも皮脂が少ないので乾燥してしまいがち。そのため保湿の方により力を入れているものばかりです。

洗浄成分が強いシャンプーを使うとどうなる?

一般的に「男性以外絶対に使ってはいけないシャンプー」や「女性のみ使用可能なシャンプー」といったものがないので、どのシャンプーも性別は関係なく使うことはできますが、商品設計上「男性向け」「女性向け」「脂性肌向け」「乾燥肌向け」というように対象者に合わせた成分を配合して作っていることが多いので、男性や脂性肌向けの洗浄成分が強いシャンプーを使い続けてしまうと頭皮が常に乾燥している状態になり、フケやかゆみ、炎症がなかなか治らないという状況になってしまうことも考えられます。
皮脂分泌が多めの女性は洗浄成分の弱すぎるシャンプーだと汚れが落ちきれないという人もいますので、洗浄成分は弱ければ弱いほどいいといは言い切れませんが、洗浄成分が強いシャンプーは保湿成分があまり含まれていないことが多いので皮脂が落ちてもそれっきりになってしまうことが多いのです。洗浄力の強いシャンプーを使い続けることで毎回必要以上に皮脂を洗い流してしまい、それが原因で皮脂が異常に分泌されていて、脂性肌であると勘違いしている人もいます。

保湿成分はどうして重要なのか

体を洗った後、顔を洗った後、そのままにしていると肌がつっぱって乾燥している感じがしますよね。確かに肌表面の水分が蒸発し、肌が乾燥してしまうのが原因でつっぱりを感じるのですが、実は頭皮にも同じ現象が起こっています。
頭皮を洗えば頭皮は同じように乾燥し、つっぱってしまうのです。顔や体は化粧水を使ったりすることもできるのですが、頭皮に化粧水をと考える人はあまりいませんよね。そこで保湿成分が重要になってくるのです。化粧水で補うまでいかなくても、洗っただけの頭皮は乾燥しがちです。いくら頭皮に優しいと言われているシャンプーであっても洗浄成分が多少なりとも含まれていますので、ぬるま湯で洗うだけとは違うわけです。そのため汚れを洗い流した後はきちんと保湿をしなければ頭皮はずっと乾燥したままになってしまいます。特に男性よりも皮脂が少ない女性は、頭皮も乾燥しがちです。そのため保湿成分がより多く含まれているシャンプーの方が頭皮には良いとされているのです。
また、頭皮だけでなく髪の毛の水分も蒸発してしまえばそれだけ髪の内部が乾燥し、パサついたり枝毛や切れ毛の原因となります。実際には保湿成分が髪の毛もコーティングしてくれるのですが、保湿成分があまり入っていないシャンプーだとやはり髪の毛からも水分は蒸発し、次第に髪にダメージが蓄積していくのがわかるはず。
頭皮を乾燥させないためにも、髪や肌の水分量を一定に保つためにも、保湿成分派とても重要な成分なのです。