シャンプー方法で抜け毛は減る?

洗いすぎもNG!?間違ったシャンプー方法で無駄に抜け毛を増やしていませんか?

意外と多いのが、頭皮から出るフケやかゆみに悩まされている女性。フケやかゆみが気になる時は、ついゴシゴシと頭を洗ってしまいがちですよね。しかしその洗い方が頭皮には大きなダメージを与えているのです。
フケやかゆみを取り除くには、頭皮にたまった汚れを全て掻き出すことが重要と考えて、爪を立てたりブラシで頭をマッサージしながら洗っている人は多いと思います。しかし実際にはそういった間違ったシャンプー方法がフケを発生させたり、かゆみの原因を作っていることがあるのです。特に市販のシャンプー剤など、洗浄力の高いシャンプーを使っている場合、肌に合わないシャンプーを使っている場合は必要以上に皮脂を洗い流してしまい、頭皮が乾燥状態に。乾燥した頭皮はとても敏感です。ちょっとしたことで傷になってしまうのはもちろん、乾燥することでフケやかゆみも増えてしまうことが多いです。特別ゴシゴシはしていないけれどかゆみがあったりフケが出るという人は、洗浄力の優しいシャンプーを選びましょう。肌に合わない成分が含まれていないかもチェックすべきポイントです。特に毎日人の髪の毛を触る美容師は、人の髪の毛を洗う回数もダントツで多いですが、そんな中洗浄力の強いシャンプーを使っていたら手荒れがひどくなってしまいます。実際に美容師は手荒れに悩まされている人が多いのですが、洗浄力の優しいシャンプーを選ぶことで手荒れの防止にもなっています。シャンプーの洗浄力は素人のぱっと見ではなかなかわからないものです。迷ったら美容師に相談したり、ヘアサロンで実際に使われているシャンプーを購入してみるのもいいでしょう。

髪と頭皮に優しい、正しいシャンプー方法とは?

どんなに汚れていても、どんなに皮脂が溜まっていても、頭皮をゴシゴシこすったり爪を立てて洗うのはよくありません。確かに汚れが落ちている感覚はあるかもしれませんが、頭皮に与えているダメージはとても大きいものです。必要以上に皮脂を洗い流してしまうのではなく、頭皮に必要な皮脂は残してあげるのが鉄則です。
シャンプー方法
ブラッシングで髪の毛についたホコリや汚れは十分に取れますので、シャンプーの際は頭皮を優しく洗うことを心がけ、軽くマッサージをする感覚で洗いましょう。注意したいのは、ブラッシングの時点で全ての汚れを取ろうとはしてしまうこと。ブラシの種類によっては先が尖っているために頭皮に刺激どころかダメージを与えてしまったり、ひっかいたりすることで頭皮に傷をつけてしまう場合もあります。

トリートメント後のすすぎは念入りに

また、すすぎは特念入りに行いましょう。すすぎをしっかりと行わないとシャンプーやトリートメントの成分が汚れとともに頭皮に残り、臭いの原因や良い頭皮環境を作る妨げにもなってしまいます。
頭皮に傷を作ってしまったり、必要以上の皮脂を取ってしまうと正常に皮脂を分泌できなくなってしまうことが多いです。シャンプーの際は、なるべく洗浄力の弱いシャンプーで、頭皮を優しくなでるようにマッサージして洗い上げましょう。