頭皮の改善で薄毛にならない?

あなたの頭皮は大丈夫?頭皮に問題があると薄毛になってしまう

頭皮を触ってみて、硬いと感じたことはありませんか?ストレスを多く感じている人ほど頭皮は硬くなりがちです。頭皮が硬ければ、日差しや傷、ショックなど体外からの刺激から守ってくれるのではないかと思いがちですが、実は頭皮が硬いと髪の毛に栄養がいかず、頭皮トラブルや抜け毛の原因をつくり、薄毛となってしまうのです。
特にストレスを感じている人に頭皮が硬いという人が多いのは、ストレスを感じると常に体が緊張した状態になってしまうためです。緊張は頭皮を硬くする原因でもあるのです。また、皮脂や汗を放置した頭皮も要注意。頭皮も立派な排泄器官。季節を問わず、頭皮は汗をかき、皮脂も大量に分泌しています。それなのに頭皮の汚れをそのままにしてしまったりすれば、頭皮環境は悪くなる一方です。髪の毛が花だとすれば頭皮は土台となる土です。土が悪ければ花にどれだけ水を与えても成長しないように、髪の毛にどれだけ栄養を与えても頭皮の環境が悪ければ健康な髪の毛が育つことはなく、薄毛となってしまいます。

薄毛の悩みがない頭皮を作ろう!簡単にできる頭皮ケア

頭皮が硬い人は頭皮マッサージをするといいとはよく聞きます。しかしマッサージと言われても、仕事中にいきなり頭を触ったり、何か作業をしながら頭をマッサージするのは集中しにくいですよね。そこで、簡単にできる頭皮ケアを2つご紹介します。
一つはブラッシングを利用した頭皮ケアです。ブラッシングは髪の毛のもつれをといたりツヤを与えたりすることにもよく使いますが、シャンプー前の髪の毛の汚れを取ったり、頭皮に適度な刺激を与える際にも有効です。ブラッシングによって気持ちのいい刺激が頭皮に加わることで血流が良くなり、髪の毛への栄養が行き届きやすくなります。髪の汚れも取れることで頭皮の皮脂詰まりも防げます。朝起きたらや寝る前はもちろん、仕事の休憩中などにも化粧室で軽く髪の毛を整えながらブラッシングしてしまえば簡単に頭皮に刺激を与えることができますよ。
もう一つはシャンプーの際に頭皮マッサージをしてしまうというケア方法。シャンプーは髪の毛の汚れを取るためにすると考えている人は多いと思いますが、実はシャンプーは頭皮の皮脂を落とすことが目的なのです。ですので髪の毛を洗うというよりは、頭皮を洗うという感覚でシャンプーすると良いでしょう。メイクを落とすのがメイク落としなら、頭皮の皮脂汚れを落とすのはシャンプーです。どんなに薄毛の方に効果的にいいとされているシャンプーやコンディショナーを買っても、髪の毛が抜けるのが怖いからと頭皮にあまり触れなかったり、ただ泡立てて髪の毛につけたらそのまま洗い流しているようでは意味がありません。髪の毛に泡をのせるだけではなく、頭皮の汚れを取ることに意識を向けましょう。そしてその際に、頭皮を軽くマッサージするようにして洗えば皮脂汚れも取れ、きれいな頭皮環境を作ることができます。良い頭皮環境が美しい髪の毛を作り出すのです。